読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第一印象いいもの同士

最近は、採用のお仕事とかもしているのですが、面接って本当難しいですよね


面接のときは、当然、経験やスキルも見るんですが、実は一番知りたいのは「勤勉さ」「素直さ」「優しさ(相手のことを想像できるか)」という、なかなか、わかりにくいモノだったりします。つまり、客観的に測ることが難しい指標を一番重要視しているのが現状。しかも、それらを、たかだが一時間の面接で見極めないといけないわけですから、ほとんど無理ゲーに近い。


どんな質問をしたら、その人の為人がわかるのか、あれこれ考えてるのですが、今のところ、「送別会の時に何をもらったか」と「最近、寄せ書きをもらったことがあるか?そこにはなんて書いてあったか?」が、一番、答えに近い気がしています。

送別会にもらう品も寄せ書きも、他者によるその人のエピソードが詰まっているので、割りと対象者のパーソナリティを客観的に測れるんじゃないかなと。だから、もし面接の時に持ってくるものを指定できるのであれば、寄せ書きとか送別の品を持ってきて欲しいなぁと考えてたりします。それか、紹介状ね。できれば現職の職場の人からの。紹介状すら書いてもらえない人は、ま、いろいろとダメでしょうし。

採用にもう少し権限を持てたら、このあたりやってみたい。応募する側は面倒くさいでしょうけど


あとよぉ、勤怠悪いやつってどうやって見極めたらええんや…。