読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校の科目で一番クリエイティブな科目は数学だと思う、の件

QAやってると、自分の担当領域からバグが流出してしまうという経験、避けて通ることはできません。どんだけテストしても出るときは出る。

流出したときの感情は2つあって、ひとつは「やっちまった!」で、もう一つは「なるほど!」です。

イチ組織人としては「やっちまった」なんですが、イチテスト技術者としては「なるほど、そういう観点があったか!」という、どちらかといえば嬉しい気づきの感情があります。そして、それが溜まっていくことで、良いテスト技術者になっていくのだと思います。


とはいえ、組織人としては、「なんで、お前らこのバグ流出させとんねん」と偉い人たちから詰められることが良く有ります。まぁ、理由は複合的で、企画がミスった、開発がしょぼい、テスターが素人、そもそも時間がない、とか、そんな感じなんですけど、ことテストフェーズにフォーカスして、なぜそのバグを事前に見つけることが出来なかったのかの理由説明で、僕がよく持ち出す喩え話に、将棋の話があります。


将棋をやってると(まぁ、麻雀でもいいけど)、後で、「なんでこの手に気が付かなかったんだ!」ということが良く有ります。これには2つの要因があって、ひとつは能力不足、もう一つが時間不足です。
将棋が、なぜ競技として成立してるかというと、それは制限時間があるからだと思うのです。どれだけ、すごい棋士でも、1時間考えた結果に打つ手と、10秒しか考えられない状況で打つ手が、同じとは限らない。だからこそ、毎回微妙なブレが出て、それが、勝敗に繋がっていくのだと思います。どんだけ強い棋士でも、勝率は7割くらいという話を聞いたことがありますが、それは、この時間によるブレがあるからなのではないかなー、と。


テストも同じで、どれだけ能力がある人でも、テストの時間が足りなかったら、目の前のテスト項目を消化することに追われてしまって、大事なテスト観点が抜け落ちてしまうことがありえます。これは、能力の問題ではなく、そういう性質の仕事なのです。ただ、時間が充分にあったからといって、必ずしも漏れなくテスト出来るわけではないというが、これまたやっかいなんですけどね。

テスト観点というのは、まぁ、機械的に網羅できる部分もあるけど、「そうでない部分」もたくさんあって、「そうでない部分」というのは、その人の「発想」が頼りだったりします。この条件で、この機能使ってみたらヤバいんじゃね?的な。そして、この発想が産まれるには、その人の能力と、そして時間が必要になります。

で、発想ってのは、数学の問題を解いたり、難易度の高いプログラムを組んでる時に、経験することが多いので、理系の人は意外とわかってくれるのですが、文系の人はイマイチピンと来てくれない傾向にあります。なんか、文系の人ほど、ロジカルシンキングかぶれが多くて、「発想」というものに理解を示してくれない気がする。ロジカルに考えれば、すべて解決できると、どこかで思ってるよね。一部の人は。


なんか、微妙に愚痴っぽくなってきたので、まとまりないけどこの辺で。
テストって、ロジカルな部分とクリエイティブな部分があるんだけど、クリエイティブなところって、まわりから全然理解されてないよなと思うことが、最近多かったので、書いてみました。